アロマセラピーって何? 初心者でもわかるアロマセラピー。あなたにお役立ち情報をお伝えします。

アロマセラピーってなに?


アロマセラピーとは、日本語では「芳香療法」といわれています。
アロマセラピーは、薬効特性のあるハーブから抽出した精油を用いて、 香りの効果により心身の不調の改善や予防を行ったり、精神的なリラックス作用をさせる健康法のことです。

スポンサードサイト


アロマセラピーの香りは?

アロマセラピーで使われる精油の香り成分は、鼻から香りの情報が大脳まで届けられ、 また呼吸によって肺静脈などからも吸収されます。
香りの情報が大脳辺縁系に到達すると、過去に経験した記憶を蘇らせたり、快・不快などの感情が生まれるのです。 また大脳辺縁系は視床下部にも作用して、自律神経を調節しています。
心地よい香りの中にいるとリラックスするのは、この自律神経に作用しているためですね。

アロマセラピーで使われるハーブから抽出した精油には、普通の香りにはない薬理効果があり、 呼吸により肺静脈などから吸収された香り成分は、血流にのってさまざまな臓器や組織にも働きかけています。
また、精油を用いたアロママッサージでは、香り成分が体表からも吸収され、香りとマッサージ療法との相乗効果に より精神的にも肉体的にも良い効果をもたらします。


ブレンドファクター


ブレンドファクターはアロマセラピーでは重要な言葉。
精油は数種類をブレンドして用いるとその働きを互いに引き出し合い、 1種類で用いたときよりも、さらに効果的であると知られています。
アロマセラピーを行なう目的に合わせて精油を数種類選んでブレンドする際に、 どのような割合で精油をブレンドするかの目安ととなるものがブレンドファクターです。


香りの(エッセンス)の抽出方法

芳香性物質を抽出する方法はさまざまです。 使用する植物や必要とされるエッセンスにより使い分けられますが、 ここでは、溶剤を使わないエッセンシャルオイルの抽出法をご紹介します。

・蒸溜法にも2種類あります。
水に直接入れて沸騰させる「直接蒸溜法」、植物原料に蒸気を通して集める「水蒸気蒸溜法」
熱や蒸気を与えることで、植物の中でエッセンスを貯蔵している細胞が壊れ、 蒸気の中にエッセンスが抽出されます。 
その蒸気を冷却させることにより、蒸留液となります。 蒸留液の中で、エッセンシャルオイルは水より軽いので、上に集まってきたら分離します。 下の蒸溜液は、普通フローラルウォーター、ハーパルウォーターといわれているものです。


アロマセラピーは、奥深い

それぞれのエッセンスには、有効な作用がわかれており、それを的確に使うことが必要です。 それを自由に使い分けれるようになれば一人前です。
また、アロマセラピーは、注意点もあります。いつでも使って良いわけではありません。
そんあアロマセラピーをもっと知って、普段の生活の中で生かして楽しんでくださいね。

スポンサードサイト

アロマセラピー ニュース

スポンサー トーク

受験生や資格試験を受ける人のための頭がよくなるサプリが人気です。
アロマの資格を十分に生かせるのが、アロマテラピー検定試験の内容や受験対策などをお知らせします。


アロマセラピー情報のトップに戻る

Copyright 2006-2010 アロマセラピー情報 All rights reserved.